ICO:仮想通貨Vion(VIONcoin)購入方法と価格・詳細・上場予定まとめ

仮想通貨Vion(VIONcoin)とは?特徴・注目点

Vion(VION)は貨物トラック(電気自動車)専用の発電所のネットワークを構築するプロジェクト。北米で商品の貨物輸送の組織化の為の、グローバルプロジェクトに参加しています。

Vion(VION)プロジェクトは北米、貨物トラックの為の充電ステーションの建設から始まります。各充電所は400マイル(約600キロ)の距離毎に貨物輸送のルートに沿って建設される予定となっています。初期段階では40~50か所の充電所が建設予定です。プロジェクトは2019年に開始され、初期段階の実施期間は1年間とされています。

将来的には総距離40万キロのコースをカバー、1500ヵ所の充電所を建設する計画となっている。

 

Vion(VIONcoin)の注目点1.電気自動車の中でも貨物トラックの為の充電所建設プロジェクト

2.今後の需要がますます高くなる電気自動車だが、現在は貨物輸送にはインフラが追いついていない

3.電気自動車の貨物トラックには世界のメーカーが参入予定

 

テスラを始め多くの自動車メーカーが参入

テスラが2017年に発表したEVトラック「Semi」

テスラが2017年に発表したEVトラック「Semi」は2019年に量産を開始し、2020年までに10万台、2023年までに15万台を生産する事を発表している。ダイムラー、ボルボ、三菱、カミンズ、ニコラ・モーターズなど多くの自動車メーカーも参入する事を発表している。

 

電気自動車の貨物トラックになるメリット

現在主流であるディーゼルトラックは、排気ガスを更に削減し燃費を向上させる努力が限界にきつつある。電気自動車になると設計の簡素化、メンテナンスの容易さ、低騒音、二酸化炭素排出削減、燃費向上などメリットは増える。

現在テストされている内容としては、800キロを走行するのに1度の充電で足り、充電時間は30~50分としている。更に電気自動車には自動運転機能が備わっている。

 

電気自動車の貨物トラックの問題点

電気自動車の問題点を改善

長距離トラックの為の既存のガソリンスタンドは必ず1時間程度の充電時間を必要とする。それまでの間の運転手の待機場所が無い。「テスラスーパーチャージャー(米国における1100所からなるネットワーク)」は、その欠点に加えて、多くの場合、都市やスーパーマーケットの近くにあり、貨物トラックの為の充電には十分な能力を持っていない。

この問題の解決策としては、貨物トラック専用に設計された新しい電力供給ネットワークが必要だが、現在の所、それが完全に欠けている。

 

仮想通貨Vion(VIONcoin)基本データ

発行元 VIONUSA
シンボル(通貨記号) VION
公開日orICO期間 2018年10月15日〜2018年11月15日
総発行枚数と販売枚数 5億7000万枚(78.5%)
ICO価格 1VION = 0.1$
ソフトキャップ:250000$
ハードキャップ:1800000$
購入可能通貨:ETH
ブロックチェーンタイプ ERC20トークン
ホワイトペーパー こちら
公式サイト こちら
公式ツイッター こちら
公式フェイスブック こちら
公式テレグラム こちら
公式YouTube こちら
DISCORD

 

仮想通貨Vion(VIONcoin)の将来性・今後の見通し

日本ではまだまだシェアが小さいですが、世界的には電気自動車へ移行している国は多く出て来ています。これから主流になるのは時間の問題でしょう。電気自動車の普及と共に必要なのは、ガソリンスタンドに代わる充電所です。北米は貨物トラックの需要が強い地域ですが、充電ステーションは街中に集中していると言うミスマッチ状態ですので、このプロジェクトには将来性はあると思います。

 

仮想通貨Vion(VIONcoin)対応ウォレット

マイイーサウォレット

 

仮想通貨Vion(VIONcoin)の評判・口コミ

仮想通貨Vion(VIONcoin)ICObench評価(5点満点)

仮想通貨Vion(VIONcoin)ICObench評価(5点満点)

 

仮想通貨Vion(VIONcoin)ICOmarks評価(10点満点)

仮想通貨Vion(VIONcoin)ICOmarks評価(10点満点)

 

仮想通貨Vion(VIONcoin)当サイト評価(5点満点)

[uberchart id=”124″]

 

仮想通貨Vion(VIONcoin)取引可能な取引所、購入方法(買い方)

ICO期間中に公式サイトで購入可能です。

 




関連記事一覧