グッドサポートqrコード

icoにおけるウォレットの役割やメリット、注意点などを解説

icoで必要となるウォレットの役割とは

icoに投資家として参加する場合、ほとんどのケースで必要になるツールとしてウォレットがあります。このウォレットとは、文字通りお金を入れておくための財布のような役割を持つツールです。ただし、icoにおけるウォレットは通常の現実世界で使われているような硬貨などを入れるものではなく、仮想通貨というデータを入れるためのツールとなっているので、そこが大きな違いの1つだと言えます。

ではなぜこのウォレットがicoに参加する際に必要になるのかというと、icoに参加しても、送金をする時に推奨されているウォレットを持っていない場合、トークンを貰えなくなるケースがあるからなのです。

例えば、icoの参加条件にERC20対応のアドレスと記載がある場合には、ERC20に対応しているウォレットを持っていないと、トークンを貰えなくなるというトラブルが起きてしまう可能性が出てくるようになります。そのためicoに投資家として参加したいと考えているのであれば、準備段階の時点でウォレットを用意しておく必要があると言えるのです。

ウォレットの種類とそれぞれのメリット

icoに参加する際に必要となるウォレットですが、実は様々な種類があります。

ウェブウォレット

例えばウェブウォレットで、名前にウェブと付いている通り、インターネット上に仮想通貨のデータを保存するタイプのウォレットです。この種類のメリットは、何と言っても利便性の高さにあります。なぜ利便性が高いのかというと、単純にデータがウェブ上に保管されているため、ウェブに接続できる環境とデバイスがあれば、いつでもどこでも保管している仮想通貨の管理や使用が可能になるからです。

ただし、このウェブウォレットには利便性が高い代わりに、大きなデメリットも存在しています。それは安全性の面では危険が多く潜んでいるということです。ウェブ上に保管という特性上、何らかのトラブルが起きればデータが流出してしまったり、ハッキングされてデータだけが盗み出されてしまうといったことも起こってしまうのです。そのためこの種類を選ぶ時にはセキュリティ面で注意をする必要があります。

モバイルウォレット

またモバイルウォレットという種類もあります。これはスマートフォンなどのモバイル型のデバイスにアプリなどをダウンロードし、ウォレットとして使う種類のものです。この種類のウォレットも、デバイスとネット環境さえあれば、どこでも使えるというメリットがあります。またウェブウォレットとは違ってオフラインの環境であっても、仮想通貨の残高を確認できることや、スマホなどの機能を活用して電子マネーとしてお店などで支払いを済ませられるといったメリットもあるのです。

ハードウェアウォレット

icoには、ハードウェアウォレットという種類のものもあります。ハードウェアウォレットとは、小さく作られているもので、仮想通貨の保存ということのみに特化しているのが大きな特徴です。この種類のものはここまでにご紹介した種類のものとは違って、完全にネットと切り離されたデバイスなので、デバイスそのものをなくさない限りはハッキングなどで仮想通貨を無くしてしまうリスクがほぼないというメリットがあります。ただし、ネットと繋がっていない以上、デバイスがなければ何もできないというデメリットもありますので、目的と合致した際にのみ選ぶべき種類でしょう。

ペーパーウォレット

さらにハードウェアウォレットと同じようなタイプに、ペーパーウォレットという種類のものもあります。ペーパーウォレットとは、ハードウェアではなく、紙という素材にデータを印字して仮想通貨を保存するものです。この種類も仮想通貨を保存するということにのみに特化しているため、ハッキングなどからの危険からは仮想通貨を守ることができます。しかし、通常の紙幣と同じようになくしてしまったり、破損させてしまうリスクもありますので、扱いには注意が必要です。

ウォレットに関する注意点

icoに必要になるウォレットに関する注意点は2つあります。

1つは自分の目的に合致した種類のものを選ぶということです。上記の通り、ウォレットには様々な種類があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。ですので、適当に選んでしまうとデバイスなどを持つ意味がなくなってしまうこともあるのです。だからこそ、安全面を重視するといった目的に合わせて選ぶことが重要となるわけです。

そしてもう1つの注意点は、パスワードなどの情報を漏洩させないようにすることです。どのようなタイプのウォレットであっても、基本的にはパスワードなどを入力しない限り使うことはできません。しかし、反対にパスワードなどの情報が一度でも漏洩してしまえば、ウォレットの意味はほとんどなくなってしまいます。そうならないように使用・保有する際には、パスワードなどの情報をしっかりとした方法で管理するようにしましょう。




関連記事一覧