ビットコイン&仮想通貨取引や保持に使うウォレットとは何か?

ビットコイン&仮想通貨取引や保持に使うウォレットとは何か?

仮想通貨を始める際に取引所には登録したけれど「ウォレット」には登録してなかった!といわれる人も多くいます。取引所だけでは資金紛失の恐れがあります。

現実、ハッキングによる資金の流出、取引所の破綻等で取引所内にあったはずの自己資金が無くなってしまったという例は少なくありません。そこでネット上の資金をこういった被害からのリスク回避するために資金を分散管理できるようにウォレットに登録する必要があります。

そもそも「ウォレット」とはいったい何か簡単に言うと「鍵のかかった財布」です。ウォレットは破綻することがなく比較的安全に資金を保管することが出来ます。また個人単位でパスワード以外に鍵がかかっていてセキュリティ面でも安全といえます。

ホットウォレットorコールドウォレット

「ウォレット」にはいくつか種類があります。「ホットウォレット」と呼ばれる常時(もしくは一時的に)ネットに接続してあるウォレットで持ち運びができ、取引がすぐにできる、モバイルウォレット、ウェブウォレットがあります。

もう一つ、「コールドウォレット」といわれるネットから切り離して保管するペーパーウォレット、ハードウェアウォレット、デスクトップウォレットがあります。ネットから切り離されているのでセキュリティは非常に高いと言えます。

自分の所持する資金量や仮想通貨によってどのウォレットを選ぶか決める必要があります。

ウォレットの仕様で注意する点

ウォレット1つにつき1つの仮想通貨のみの取り扱いが通常となっていて対応仮想通以外の仮想通貨を送金しようとすると通貨が消滅する可能性があるので注意して送金する必要があります。(中には数種類の仮想通貨に対応しているウォレットもあります)

ウォレットに送金するときに自身のウォレットの「アドレス」を入力する必要がありますが同時に表示される「QRコード」から読み込むので問題はないと思われますが、「アドレス」が間違って入力されていますとどこかのウォレットに送金してしまい永久に戻ってきませんので注意してください。

ウオレットには万が一の時のために自分専用の「秘密鍵」や「パスフレーズ」というものがあり、この二つをしっかりと管理する必要があります。万が一のことが起こってもおこの2つがあれば何度でも復元することができます。(逆に紛失してしまうと資金が消滅してしまいます)




関連記事一覧