Walmart(ウォルマート)

ウォルマートがブロックチェーンを利用した電力供給に関する新たな特許を取得

小売り大手でブロックチェーン技術の特許を積極的に取得しているウォルマートが14日に、今回の特許は電力供給に関する新たな特許を取得した。

ソース:米国特許商標庁(USPTO)

14日に米国特許商標庁(USPTO)によって承認された特許のシステムは、公開されている取引帳簿を利用して、電力会社がエネルギー消費の管理と需要の調整をより良く管理出来る様に設計されている。ウォルマートはこの特許を昨年12月に出願していた。

この特許は、家庭と大企業の両方でブロックチェーンベースのエネルギー消費デバイスのネットワークを利用出来るとしている。その後、各デバイスに特定の量のビットコイン、または他の仮想通貨を割り当てる事が出来、これをサービス業者から購入する事が出来る。例えば1ヶ月の請求期間を設定したとして、その期間にエネルギーを購入するために使用出来る。

請求期間中も継続して動作する事を保証する為に、デバイスの資金割り当てが超えた場合、ネットワーク内のデバイスが互いに資金を共有する様になっている。ブロックチェーンベースのシステムは、どのデバイスが他のデバイスと比較してより多くの電力を消費しているのかも示します。

同じ様に、より少ないエネルギー消費の場合はお互いをサポートし合える上に、残った場合は他のネットワークと一緒に配布や販売、次の請求の為に残す事も可能。

この特許は中央銀行、中央管理システム、またはエネルギー供給業者が運営する中央機関など、中央データベースシステムとは独立して運用できるとしている。

現在エネルギー供給業者は、非効率に使用する場所に供給しており、消費者のエネルギーコストを増加させている。コストの増加は、デバイスが実際に特定のタスクを実行する為に必要なエネルギーよりも高いレベルになっている。スマート・アプライアンスでエネルギーを効率的に運用できる様になったが、必要以上にエネルギーを消費している。




関連記事一覧