Walmart(ウォルマート)

ウォルマートがブロックチェーンを利用した特許を複数提出済み

小売り大手ウォルマートが新しく出した特許申請書によるとブロックチェーンを利用した購入商品転売マーケットプレイスに関する物だと明らかになった。

先週17日木曜日に米国特許商標庁(USPTO)によって公開された文書はこちら

この文書によれば店舗が特定の顧客に販売した商品をブロックチェーン台帳に記録し追跡する事で、顧客がその商品を転売出来る様にする。これはウォルマートの知的財産の最新の物の1つで、多数の関連アプリケーションを提出しており、食品を追跡する為の技術を試行している。

提供されるシステムでは顧客が購入後にアイテムを登録する事を可能にし再販価格を選択する事が可能になります。

ウォルマートは3月に提出した「スマート・パッケージ」と言う配送システムの特許も申請しています。このシステムでもブロックチェーンを利用して製品が売り手から配送業者、購入者へ移動するステップの確認など配送物の内容・位置などを確認出来る様になる。

ウォルマート側「販売業者から宅配業者への転送は、それぞれの秘密鍵を使用、配送業者から購入者へ転送される時に配達業者は秘密鍵を利用し物理的資産を表すデジタル資産の移転を認可する事を可能にする」と説明している。

この様に仮想通貨の進化と共にブロックチェーン技術も進化し、様々な分野で利用され始めています。




関連記事一覧