仮想通貨におけるicoとはどのようなもの?危険なコインの事例も紹介

icoの基礎知識から

仮想通貨の世界では、icoという言葉がしばしば聞かれます。「Initial Coin Offering」の頭文字をとったもので、まだ取引所に上場されていない未公開のコインを売り出して資金調達を行う手法です。コインを運用するにあたって、資金はどうしても欠かせません。そのお金を集めるために行っている運営団体も少なからず存在しています。また投資家からしてみると、まだ公開されていない暗号通貨を手に入れることで今後の値上がりが期待できます。取引所に上場されれば、当初購入した金額の何倍になることもあり、莫大な利益を手にできる可能性もあるわけです。

IPOという言葉を聞いたことはないですか?株式の世界で使われる用語で、未公開株を売り出すことで資金調達を行います。そのデジタル通貨バージョンと思ってもらえればいいでしょう。しかしIPOの場合、主幹事や幹事が株券を売る方式が一般的です。主幹事・幹事になるのは証券会社であることが多いです。しかしデジタル通貨のICOの場合、事業主体が直接売り出しを行います。監査など詳しいルールが決まっているわけではないので、だれでも手軽に行え、資金調達ができるのです。

ICOに参加するのは危険?

先ほども紹介したように、IPOほどICOの場合は厳しい規制やルールなどは存在していないのが現状です。このため、中には詐欺的な行為をするケースも見られます。もともと上場する気がないのにICOを行って資金を集めようとする、資金を集めるだけ集めてそのままバックレてしまうといったこともあります。うまくいけば短期間で大きな利益を確保できるかもしれません。しかしその反面、大きなリスクも伴うということも頭に入れておきましょう。

もしICOに参加したいと思っているのであれば、そのデジタル通貨の状態に関してチェックするといいでしょう。暗号通貨の開発がどの程度進んでいるのか、積極的に開発に取り組んでいるかどうかを確認することです。株式を購入するのと一緒で、ベンチャーに資金を出す際には組織がしっかりしているか、将来性が期待できるかという観点で厳しくチェックしましょう。ICOはもうかると安易に考えて、なんにでもやみくもにお金を出すことは控えるべきです。

またそのデジタル通貨を運営しているところがICOをしているのかどうかもチェックポイントです。ICOといっている中には運営会社や機関ではなく、代行業者のようなところである場合も多いです。すべてがすべてそうとは言い切れませんが、かなりの確率でこのような代理でICOをかけているところは詐欺業者と思っていいでしょう。ですから公式Webサイトから注文するように心がけることです。

もう一つ注意すべきこととして、たとえ本当に上場を目指しているデジタル通貨がICOをかけていても、その通貨が値上がりするとは限らない点です。実際取引所に晴れて上場した後で、逆に価格が下がってしまう事例もたくさんあります。「ICOは上場したら必ず値上がりする」と思い込んでいる人もいるようですが、それは大きな間違いであると考えましょう。

危険なコインの事例を紹介

上で見たようにICOをしているデジタル通貨の中には、詐欺的なものや値下がりしてしまうコインなども見られます。ICOをした後に値上がりをするかどうか判断するのは難しいです。しかし怪しい危険なコインをできるだけ避けることが重要です。

まず気を付けた方がいいコインとして「値上がり保証!」と書かれているものがあります。先ほどもみたようにうまく取引所に上場できても値下がりしている通貨もたくさんあります。それにもかかわらず値上がりを保証すると大々的に書いているデジタル通貨は無責任と言えるでしょう。もし値下がりをして損失を出した場合、補填するのはだれかという話になります。

あとたまに見かけるのが「国内専用ICOトークン」というものです。デジタル通貨というのはそもそも分散型P2Pの決済手段のことで、世界中で自由に取引できるものであるべきです。にもかかわらず日本だけでしか販売されないのはなぜ?ということになります。ビットコインにしてもイーサリアムにしても世界中で取引されていることを考えれば、違和感しかありません。

デジタル通貨の情報をチェックするにあたって、ソースコードが明記されているかどうかもチェックポイントになります。ソースコードがどこを探しても記載されていないのであれば、そのICOに参加するのはリスクが高いです。確かにその暗号通貨が中央集権的なシステムをとっていて、管理者がその権限を握っているから公開しないということもあり得ます。しかし大半はソースコードがほかのコインのものをパクっている、そもそもソースコードが全くないという可能性があります。このようにICOをする際には危ない通貨もあることをしっかり認識しましょう。




関連記事一覧