withcoin

WithCoin開発者、株式会社ノイマン社の松山光市、未だ消息不明

【資料画像あり】WithCoin被害救済フェニックスクラブ概要発表

WithCoinで被害にあった人の救済企画としてフェニックスクラブを立ち上げたPMBグループ元代表の山本裕二。その公式LINEで様々な質問に答えているが、内紛を起こし袂を分かった開発者の松山光市にも言及。

●Withcoinの運営が松山氏から山本氏に変更されたということですか?

◇そうではありません。Withcoinは未だノイマン社の管理下にあるとの認識です。フェニックスクラブは運営とは無関係であり、山本裕二個人の道義的責任のもとに発足させようとするものです。

●松山氏はどうなっているのですか?

◇未だ消息不明です。噂レベルではコンタクトの取れる人もいるようですが、不明です。

●MERCATOXへの上場はどこが主宰したのか?

◇松山氏が消息不明なため、確かなことは分かりません。我々の主宰でないことは確かです。

●松山氏への対応は?

◇現在、法的処置へ向けて、あらゆる角度から準備に入っています。これは、ホルダー皆様の資産保全に繋がると考えた準備の一つと考えています。

上記の内容から、PMBグループ、クライス等とノイマンは完全に袂を分かっており、開発者で株式会社ノイマン社の松山光市とは連絡が全く取れず消息不明だと言う事です。「噂レベルではコンタクトの取れる人も」とある様に、私の知っている業界に精通した方も連絡は取れる様な事を言っていたので、どこかで元気に暮らしているのでしょう。

またMERCATOXでゲリラ的に上場しましたが、これにはPMBグループ、クライス等は一切関わっていないという事から、ノイマン社の松山光市側が動いたと言う事でしょう。一方的な展開になっているので、開発者サイドであるノイマン社の松山光市側も何か公に発言して欲しい所です。




関連記事一覧