X Phone

韓国「PUNDI X」が「X Phone」を公開 世界初ブロックチェーンネットワークで動作する携帯電話(スマートフォン)でキャリアネットワークを必要とせず

仮想通貨決済プラットフォーム等を運営する韓国の「PUNDI X」が世界初のブロックチェーンネットワークで動作する携帯電話(スマートフォン)「X Phone」を公開した。

ソース:PUNDI X

10日、インドネシアのバリで開催された「X Blockchain Summit(X-ブロックチェーンサミット)」の講演者として出演した、PUNDI Xのハ代表は、同社が製作した世界初のブロックチェーンネットワークで動作する携帯電話(スマートフォン)「X Phone」を公開した。

ハ代表は製作理由として「ブロックチェーンとDappの実用事例が絶対的に不足している為」と説明。現状でブロックチェーンの実用化事例は、脱中央集権型の仮想通貨取引所のユーザーの1日のユーザー数は1000人レベルにとどまっている事も指摘。

ハ代表は「多くの人々がブロックチェーンソフトウェアの開発を話すが、最終的にハードウェアの技術革新も重要である」とし「PUNDI Xのブロックチェーンシステムは、既存の物以上」とX Phoneの開発の意義を強調した。

X Phoneは従来のキャリアネットワークの代わりにブロックチェーンネットワークを介して、電話番号を必要とせず、通話・メッセージ・データ転送機能が使用可能となっている。通話やメッセージ送信機能はAndroid 9.0オペレーティングシステム上で動作される。

X Phoneはブロックチェーンベースの新しいトランスポートプロトコルである「Function X(FXTP)」と言う技術を使用しており、データはIPFXという脱集中されたファイルストレージに保存される。これにより、ブロックチェーンでデータを共有する事が可能になり、開発者は簡単かつ迅速にFXTPを通じて脱一元化されたアプリを配布する事が可能になる。

「PUNDI X」のブ、FXTP、IPFX、X Phoneは来年第2四半期に正式発表予定となっている。

既存のブロックチェーンベースのウォレットアプリがあるスマートフォンと比較し、真の意味で世界初のブロックチェーンベースのスマートフォンが実現した。




関連記事一覧